盛会終了しました。
第85回井の頭かんさつ会のお知らせ 

第85回井の頭かんさつ会 
「神田川の生き物探し」

日時: 2012年6月17日(日曜日)午前10:00~12:00
集合: 午前9時45分 京王井の頭線井の頭公園駅前
主催: 井の頭かんさつ会
後援: 東京都西部公園緑地事務所

案内
田中 利秋(NACS-J自然観察指導員)
大原 正子
上村 肇
竹内 隆一(NACS-J自然観察指導員)
小町 友則(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
高久 晴子
佐藤 誠(NACS-J自然観察指導員、森林インストラクター)
田中 雅子(NACS-J自然観察指導員)
日置 日出男(森林インストラクター)
大橋 博資


定員: 35名
参加費:(保険代・資料代など):300円、中学生以下は100円
持ち物:観察用具(双眼鏡、ルーペなど)、水生生物採取用具(採取希望者のみ)
申し込み方法: 問合せ先:右記をご覧ください
申し込み締め切り: 2012年6月15日(金曜日)24:00まで

ご案内

 6月のテーマは、4年ぶりに、井の頭池を源流とする神田川です。かつては江戸の町に飲み水を供給していた川も、今では都市の排水溝になり下がっています。でもじつは、井の頭公園に近い上流部にはいろいろな湿生植物や水生植物が生え、魚や野鳥や昆虫などさまざまな動物が暮らしています。見通しのよい川を岸の上から覗き込んで、そして夕やけ橋上流の親水域では実際に川に入って、どんな生き物が見つかるか探してみましょう。(川に入るのは希望者のみです。) 意外に多くの種類の生き物がいることに驚き、生き物たちのたくましさを実感されることと思います。その中には井の頭池でも玉川上水でも見られないものも多いのです。神田川の価値を再発見するかんさつ会にぜひご参加ください。

 6月は梅雨の季節。雨が降る可能性もありますが、その場合は近くの雨天会場で、「神田川マルガモ物語」など、神田川の生き物のお話をします。安心してお申し込みください。

osidori.jpg

kansatukai.jpg

参加申し込み方法 申込み締め切りました。 

eメールでのみ受け付けます。下記をすべて読んでから、必要項目を記入したメールを井の頭かんさつ会事務局(大原正子)kapock@parkcity.ne.jpまでお送りください。
参加申込期限:2012年6月15日(金曜日)24時まで
(ただし、その前に定員が満員になることもあります。申し込みはお早めにどうぞ。)

9)以外は必須項目です。

メールに記入すべき項目
1)「第85回かんさつ会に参加したい」と明記してください。(必須) 
2)参加希望者全員の氏名(読みもお願いします。必須)
3)住所(市区町村レベルまで必須 例:東京都三鷹市、東京都杉並区など)
4)返信を希望するメールアドレス (必須 ただし参加申し込みメールと同アドレスなら不要)
5)連絡先電話番号(必須、当日連絡することができるよう携帯電話が望ましいです。)
6)小中学生は学年、未就学のお子さんは年齢 (該当しない方は必須ではありません。)
7)双眼鏡の有無と貸し出し希望個数(貸出個数に限りがありますので、必ずしもご希望に添えないことがあります。)
8)今回のかんさつ会を何で知ったか(例:かんさつ会HP、ポスター、知人、三鷹市報、SNS(ツイッター、FACEBOOK)など)(必須)
9)私たち(主催者、案内者)へのメッセージや連絡事項があれば書いてください。また、観察会に参加したい理由や期待することなど、何か書いていただければ嬉しいです。 (必須ではありません)
【ご注意】
・開催直前の混乱を避けるため、参加申し込みに期限を設けさせていただいています。ご理解をお願いいたします。
・必須項目が抜けている場合は受け付けできませんので、ご注意ください。
※個人情報保護に関するポリシー:お知らせいただいた個人情報は観察会に関する連絡以外には使用しません。また、第三者に譲渡することもありません。

受付とその連絡

 メール受信後数日以内に参加可否の返信をさしあげます。受付は原則先着順です。
 理由の如何に関わらず、参加申し込みが事務局に届かなければ受け付けません。メールを送って数日しても返信がない場合は、再度メールをお送りください。

参加者への詳細情報

 集合場所などの詳細情報は、開催日の数日前に、メールでお知らせします。
なお、参加者全員へのその後の連絡はメールでなくこのページ上で行いますので、ときどきチェックしていただくようお願いします。

注意事項

 参加申し込みにあたっては、下記のことをご了承ください。
□安全について
 観察会では、案内役および補助員の指示に従って行動してください。一応保険には加入しますが、あくまでも無事故を目指します。
身近な自然観察の危険性は普通に公園を散歩するのとほとんど変わりませんが、危険がないわけではありません。
自分の身は自分で守る気持ちでご参加ください。
□対象レベル・年齢について
 関心がある人全員向けです。年齢制限はありませんが、小学生以下は保護者同伴でご参加ください。
□中止の可能性について
 雨の場合は屋内会場で雨天用プログラムを実施します。ただし、それも困難な天候の場合は中止することがあります。その際はこのページ上でお知らせします。


お問合せ
するお問い合わせはLinkIconkapock@parkcity.ne.jp(大原正子)までお願いします。

2012年5月23日 田中利秋